123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2010-08-09 (Mon)
『東京行列店を試食!』第6弾!シロガネーセが愛するプラチナポークカツモニター募集 ←参加中


東京食通人さんのイベントに参加させて頂きました


まぁ、なんて美味しそうなんでしょう~!!



WB000138.jpg


コチラは、白金で有名な「とんかつ屋さん」で、シロガネーゼ
愛するプラチナポークと呼ばれる上品な味わいのブランドポーク「白金豚」
使った絶品の「白金とんかつ」でございます      


創業23年の、白金「大五」さんのお店のとんかつ。

WB000140.jpg

知る人ぞしる美味しさだそうですよ~


マスコミで取り上げられる事が多いお店で「肉味まろやか」なのが特長 

そして東京白金の有名とんかつ屋さんが真似の出来ない「肉厚」にカットして
じっくりと時間をかけて仕上げた「白金とんかつ」

美味しさの秘訣は、絶妙の「カツさばき!」とも呼べる一連の匠技の賜物だそうです

東京・白金【大五/白金とんかつ(プラチナポーク)】に【特製ソース】付き

この素晴らしいモニターをかけて、ブロガーさん達が燃えております
わたくしも、熱き戦いに是非挑みたくて参戦しましたー


熱き戦いにはクイズがございまして・・内容は

東京・白金【大五/白金とんかつ(プラチナポーク)】を揚げる油の温度は「何度」でしょう?


ヒント
一般にとんかつを揚げる油の温度は、170~180℃と言われることが多いようです。
ただし、大五/白金とんかつ(プラチナポーク)の特徴は『肉厚、けれど中まで火を通し
しかもサクッと揚げる』のです。家庭では真似できない揚げ方なんですが、そもそも温度が・・
ご想像ください!と書いてありました。

このヒントの他にも文章で、「じっくりと時間をかけて仕上げた」と書かれているところから
170~180℃より低いとみた!!(推理小説っぽい展開

すみません・・ちょっとひとりごとタイムに入ります・・・クイズの答えは大きく書きますね。

そうだな・・やっぱり低めにじっくりだから・・。
さすがに150℃台は低すぎて衣が鍋の底に沈んで浮かなそうだな・・。

まず・・低い予想は決定で、160℃~165℃辺りかなぁ。
まさか・・162℃とか微妙な数字とか??まさかね。

170~180℃台が通常、トンカツ、コロッケ、天ぷらなどの揚げものにベストな温度。
でも・・「家庭じゃマネ出来ない」「じっくりと時間をかけて仕上げた」って言うからなぁ。

ヨシ!!!決めた!!!


160℃にします。答えは160℃!!!


WB000137.jpg


ご主人直伝の「レンジ用加熱指南書」も付いて、「揚げ立ての美味しさ」を家庭で味わえます


WB000139.jpg


特別にセットで「特製ソース」もあるみたい。あぁ、食べてみたい・・

東京食通人さんは、東京の有名行列店6店舗の名物料理や、行列店が使っているグルメ食材など
他店では味わえない限定販売商品を取り揃えています。

東京食通人さんイチオシだから やっぱりジューシーなとんかつなんだろうなぁ~ 
とても美味しそうなので、クイズ当たるといいなぁ
| モニプラ→応募 | COM(12) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。