12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2014-08-04 (Mon)
浄水器のクリンスイ ファンサイトファンサイト参加中



三菱レイヨン・クリンスイ株式会社さんのクリンスイCP207
揖保の糸素麺のセットをいただきました

2014080401.jpg




素麺は桐の化粧箱に入っていて高級感があります

2014080402.jpg





13束入り 暑い時期にさっぱりと食べられる素麺っていいですよね~

2014080403.jpg





ポット型浄水器の新シリーズ「SURALI(スラリ)シリーズ」
クリンスイCP207は浄水部容量が2ℓとたっぷり使えます

2014080404.jpg




クリンスイCP207は開けてすぐには使えません。。。
色々と下準備がありました。

カレンダーダイヤル付きのフタ・本体容器・カートリッジは袋から取り出して
青いフィルムをはがしたら水道水で丁寧に洗います。

2014080405.jpg




その後、リザーバー部(中央すこし上の線)まで水を入れてカートリッジを浮かべて
20分間放置 20分経過したらカートリッジを取り付け水を捨てます。

水位線まで水道水を入れ、自然ろ過開始。ろ過は合計3回繰り返します。

2014080408.jpg
まだかなぁ。。。? もう出来た?



中空糸膜を使用した除菌フィルター(13+2物質除去)搭載★ 

2014080407.jpg




丁寧にろ過されていきました。
ろ過が完了したら、フタのカレンダーダイヤルを合わせます。




カートリッジ交換時期がひと目で分かる「カレンダーダイヤル」

2014080410.jpg




○のところは使い始めの翌月に設定します。私の場合・・・今月は8月なので
「9」に合わせました。

一番右の「11」はカートリッジの交換月。次のカートリッジ交換は11月。
これなら分かりやすくて安心して使うことが出来ますね。




注水時にフタが落ちにくい「スライドトップ」を採用

2014080412.jpg




最初、クリンスイCP207の開け方が分からずちょっと戸惑いました
説明書を見てスライド式でこんな簡単に開くのかぁ。。。と納得

自分以外の人でもすぐ使えるように、スライド式なのが矢印などで分かりやすく表示
されているといいなと思いました。




クリンスイCP207でろ過された水は美味しい♪

2014080411.jpg




ろ過された水を常温で飲んでみるとまろやかで美味しかったです。
水道水から手軽に作れるのは嬉しいですね。

ペットボトルで水を購入するよりも断然お得だし、エコに繋がりますネ





大容量でも冷蔵庫のドアポケットに納まるスリムなシルエット

2014080409.jpg




クリンスイCP207はたっぷり容量なのにコンパクトに収納出来ます。
蛇口取り付けの浄水器だと冷やすことは出来ないけど、クリンスイCP207なら
冷蔵庫のポケットで冷やして持ち運びにも簡単です。



どこでも握りやすい「ラウンドハンドル」を採用

2014080406.jpg



持ち手のところも大きくしっかりつかめるので使いやすい形です。
また本体は透明なので、どのくらい浄水された水が残ってるかひと目で確認できるのもいいですね。




クリンスイCP207で浄水した水をたっぷりと使って素麺を茹でました。
まずはクリンスイCP207の水を使って素麺つゆを作ります。

2014080423.jpg




WV000013.jpg




通常なら素麺をさばきながら茹でて盛り付けますが、今日はおもてなしにも
ピッタリな素麺を紹介します

素麺の帯を付けたままの状態で、端っこを一ヶ所、タコ糸で固結びします。

2014080417.jpg





茹でる直前に帯を取ってクリンスイCP207で浄水した水を沸騰させた中に入れます。

2014080418.jpg





素麺を入れたら出来るだけフワフワとゆっくりまわして固結びした麺以外の
ところが固まらないようにします。

2014080419.jpg




ザルに移したら冷蔵庫で冷やしたクリンスイCP207で浄水した水で粗熱を
取りつつ、麺をキレイに整えます。

2014080420.jpg




2つ折りにしてから、タコ糸で縛ってあるところから5cmくらいのところをカットします。

2014080421.jpg




形を崩さないように氷で高さをつけながら盛り付け、三つ葉を添えます。

2014080422.jpg




ネギや大葉など薬味も用意しました。

2014080414.jpg




大葉は茎の部分をカットし3つ折りにして端から千切りにしたら、冷蔵庫で冷やした
クリンスイCP207で浄水した水にさらしてからザル上げすると、フワっと仕上がります

2014080415.jpg




ちょっとひと手間かけて、見た目も美味しさもUP!

2014080416.jpg




おもてなし素麺の完成です☆

2014080424.jpg




美味しい水で作ったつゆは一段と出汁の香りや風味が良かったです

2014080426.jpg




素麺はやっぱり揖保の糸ですね~ ツルっと喉ごしも良くとても美味しかったです。

2014080425.jpg




氷も昨日、クリンスイCP207で浄水した水で作りました。
麺の流れを均一にすると見た目もキレイで見栄えがしますね。

2014080429.jpg





そして、麺もつかみやすいです。

2014080430.jpg





刻みねぎ・ミニトマトも添えて。今回はシンプルな具材です。

2014080427.jpg




ハムやきゅうり、錦糸卵を入れても美味しそうですね。

2014080431.jpg





タコ糸で縛って切落とした素麺も捨てずに「にゅうめん」にしました。

2014080434.jpg





余ったそうめんつゆにクリンスイCP207で浄水した水を入れて
白だしで味を整えて沸騰したらカットした素麺を入れて柔らかくなるまで茹でます。

2014080433.jpg




仕上げにわかめ・麩を入れて器に入れたら刻みねぎを散らして完成です。

2014080435.jpg





素麺は両親の分も茹でたので・・・もう一品作ってみました。


滝の流れ素麺

2014080444.jpg




マイナスイオンたっぷりの滝をイメージした一品

2014080442.jpg





最近、気に入っている丸い氷を前日にクリンスイCP207で浄水した水で作っておきました。

2014080436.jpg




ちなみに丸い氷を作る容器はイトーヨーカドーさんで購入しました。
ネットからも検索すればいっぱい出ています。丸い氷は溶けにくい感じです。

2014080437.jpg




丸い氷に合わせて素麺を端からまっすぐ流すと見栄えがします。
さらに刻みねぎを中央に添えて、流れるようなラインをイメージしました。

2014080438.jpg




よもぎの生麩をカットしてトースターで焼いたら、爪楊枝に刺して
田楽味噌を付けました。

2014080441.jpg




丸い氷の上に刻んだ大葉や、つゆの中にカットしたミニトマトを入れました。

2014080443.jpg




素麺も盛り方を変えるとちょっと新鮮な感じに見えますね。
これからもクリンスイCP207を使って色んな料理にチャレンジしたいです





三菱レイヨン・クリンスイ株式会社
| モニプラ→モニター☆ | COM(2) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。